忍者ブログ
シングルマザーになったら、さらに怒ってばっかりの怒りんぼママになっちゃった!!
カテゴリー
* 未選択(5)
 * フリーエリア *

Sponsored Link

[5] [4] [3] [2] [1]
2017/07/27 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/02/28 (Wed)

午後3時に、父親が迎えに来て、子どもたちは2泊、お泊りに行く。
それまで何の予定もない今日こそは、おもちゃの整理をしなくちゃ!


おもちゃは、ほとんどが息子のもの。
めったに会えない父や祖父母にねだっては、おもちゃ付きのお菓子やガチャガチャを買ってもらいで、小さなおもちゃが増えていく。

小さな部品で成り立っている怪獣や仮面ライダーの人形は、手足や頭がとれたまま、放ってある。
それから子供が描いた絵や紙をまとめてノートにしたもの、ガチャガチャの空のボール、ままごとに使ったプリンやヤクルトの容器、小さく切った布や指編みした毛糸。
おもちゃの入っていた空き箱も、捨てちゃだめと言うので、とってある。

捨てるものと、もう遊ばないから誰かにあげられるものと、分けよう。


おもちゃは、おもちゃ箱の引き出しだけにはとっくに入りきらなくなっているので、段ボール箱にまとめて入れている。
押入れの1/4以上を占めている。


最近は押し入れの外にも、おもちゃの入った段ボール箱が3箱、娘が新聞を入れる大きな紙袋に自分のおもちゃをまとめて入れているものがひとつ、あった。

ここ数ヶ月は、週末お互いに行き来できる友人ができたので、
日中、暇で家にいるということがなかった。
それで、いつもは予定のない日におもちゃ整理していたのに、
私から見ればゴミに見えるものも一緒になった、段ボール箱が増えていったのだった。


息子に、段ボール箱を裏返して、中身を全部出させる。
そして一つ一つ、捨てていいか、聞いていく。

私の母親は、捨てるのが大好きだった。
私がとっておいてほしいと思うものも、母が必要ないと思えば、捨てた。

だから私は、子供のものは必ず捨てていいか確認してから、捨てるのだ。
そして子供が捨てちゃだめと言えば、どんなものでも、仕方なくだが、取っておく。


45リットル入りの、透明なゴミ袋を持ってくる。
ああ、しわしわになったヨーヨーがたくさんあった。
これは、お祭りに何回も行って、取ってきたヨーヨー。
特に幼稚園の秋祭りでは、ふたりとも10個くらい、もらってきた。

水を抜かずに、捨ててしまう(ごめんなさい)。


よれよれになった恐竜博のチラシや、ウルトラマンや仮面ライダーの映画のチラシ(見に行ってはいない)も、まだとっておくと言う。
チラシはチラシで、まとめる。
ちょうど先日、新聞の集金に来たおじさんが、アトムの絵のついたA4サイズのビニール袋をくれた。
それに、入れよう。


ビー玉や、お祭りですくったスーパーボール、娘のばらばらになった小さなビーズ、私が友人からもらった数珠玉の粒。
それらは、小さいときに電車が好きだった息子のために、子供の父親が買ってきた電車クッキーの入っていた、たくさん空き缶の分けて、しまおう。


息子の入らなくなった大きな救急車やパトカーなどは、友人の2歳の息子にあげよう。

息子や私が指編みしてできた、長い毛糸のひもは、1本1本、まるめてしばろう。


整理して、片付けるのは、私。
息子も娘も、久しぶりに見たおもちゃで、遊んでいる。
私がしまおうとすると、「あ、ちょっと待って」と向こうの部屋に持っていってしまい、ふたりでおうちごっこなどをしている。


3時になっても、まだ、片付かないおもちゃの山。
私がせっかく仕分けした缶の近くを歩いて、中身をこぼす子供たち。
「こらっ、拾え!」
言葉も荒くなってしまい、自分が悲しくなる。

早く子供たちが父親といなくなれば、邪魔されずに片付けられるのにと思う。
しかし、もう、3時半。
予定の時間より迎えに来るのが遅れている子供の父親にも、イライラした。


やっと父親が迎えに来た。
遅く来たから、つんつんして、出迎えちゃったわ!

息子が、父親宅に何かおもちゃを持っていこうと、片付けた段ボール箱の中を探し出した。
「こらっ!なんでお父さんが来る前に、準備してなかったのよ!何も持っていかなくていいから、早く、行きなさい!」
怒鳴り散らしてしまった。


やっと我が子がいなくなった。
ふーっ。
そして、さらに2時間。
やっと、すっきり片付いた。

あ~、この状態が何日、もつことやら・・・。


医療費をクレジットカードで払える病院
PR
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=